90釘打ち機3社の比較 迷った人必見オススメ参考記事 :     フワオブログ90釘打ち機3社の比較 迷った人必見オススメ参考記事 :     フワオブログ

建築関係

90釘打ち機3社の比較 迷った人必見オススメ参考記事

悩める人
木造大工の使う90高圧釘打ち機が欲しいんだけど、

3メーカーあってどれにしようか迷って決められないなぁ

 

このような悩みを解決します。

 

この記事の内容

90高圧釘打ち機3社どれを買おうか迷っている人向けに、使用者目線で具体的な特徴を解説

 

木造大工のメインウェポン 90高圧釘打ち機

現在マキタ MAX ハイコーキ(日立)からそれぞれ出しているのですが、

ぶっちゃけ3機種の差はほとんど無いに等しいほど性能は拮抗してます。

実際に使用して感じる差というのも僅かですがあるので、

重さ、反動、圧力調整、ダスター機能、に分けて解説していきます。

比較1 重さ

2022年10月現在価格の違いは下記のようになってます。

マキタ 高圧エア釘打躯体下地2×4コンクリ鋼板 〔AN936H〕対応釘45mm〜90mm

2.7㎏

MAX 高圧2×4/N/躯体/鋼板用スーパーネイラ 〔HN-90N6(D)-G〕 対応釘長45mm〜90mm

2.8㎏

ハイコーキ 高圧多用途ロール釘打機 〔NV90HR2(S)〕 【パワー切替機構付】対応釘長45mm〜90mm

2.7㎏

ハイコーキ 高圧多用途ロール釘打機 〔NV90HR2(N)〕 【パワー切替機構不付】対応釘長45mm〜90mm

2.6㎏

MAXが僅かですが重いようです。

ただ、100gの差は気にするレベルではないですが、

200gの差は持ち比べるとわかるくらいの違いがあると思います。

ロール釘自体がそこそこ重さがあるのでトータルけっこうな重さになります。

女性などは少しでも軽い方が取り回しやすいでしょう。

ですが、100gの差でパワー切り替え機構が付くなら、

私なら切り替え付きを買います。

比較2 反動

 

これは実機を使っての感想なのですが、マキタが一番反動が少ないです。

表示に偽りなし。

ただ、どうもエアの消費量が他社より多いような気がします。

比較実験したわけではないので絶対とは言えませんが。

 

MAXとハイコーキの反動の強さはほぼ同じ感じです。

打った感じがMAXがダンッ ハイコーキはガッって感じです笑

同じじゃないかと言われそうですがちょっと違います。

どっちの打ち感が好きかと聞かれたら私はハイコーキかなぁ

個人的感想なのでここはあまり参考にしないでください。

 

 

比較3 圧力調整

最近の新機種には圧力調整が付いています。

もともと釘の打ち込み深さの調整は全機種ついているのですが、

圧力の調整の種類が増えたかたちです

これがMAXとハイコーキについてます。

残念ながらまだマキタには付いていません

 

比較4 ダスター機能

全機種ダスター機能は付いているのですが微妙な差があるので言及します。

マキタ

前面からエアーが出ます。

 

ハイコーキ

後ろにボタンがあり、後方からエアーが出ます。

 

MAX

なんか進化してます。

 

ハイコーキの後方から出る仕様は馴れてしまえば特に気になりません。

ですが先端からエアーが出た方が使いやすいのは間違いありません。

進化してるMAXが一歩リードといったところですか。

 

その他

MAXだけ釘の一番先に磁石が付いていて最後の1本まで打てます

マキタ ハイコーキは最後の1本で下向けると釘がポロっと落ちたりします。

あと、マキタのフック部分のピンが抜けやすいようです。

高価な部品ではないですが、高所から落とすと大惨事なので注意です。

以上3メーカーの比較でした。

迷ったらMAX買っとけば間違いない感は否めませんが、

他社も良いものなので最終的に好みになってしまいます。

参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フワオ

本業は建築関係の仕事をしています。 たまたま両学長のYouTube動画を見て副業に興味が湧き、ブログを始めてみました。 誰かの役に立つ情報を心掛けて発信していきたいと思ってます。

-建築関係

Copyright©     フワオブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.